山菜とウド味噌

佐渡島に住む知人から、毎年恒例の山菜が届きました。
年配のかたなのですが、今年も元気に山歩きをされている様子が
伝わってきて嬉しくなります。
b0131279_239426.jpg

地方紙を必ず入れて下さるので、これを読むのがまた楽しみです。
写真は 佐渡にあるドンデン高原の高原開きだそうです。
太鼓の音に合わせて鬼の面を着けた人が踊る 鬼太鼓を
奉納している様子です。
b0131279_23151656.jpg

佐渡では 春になると島のあちこちで鬼太鼓の音が響きます。
このドンデン高原は、山野草の宝庫だそうですが、星がよく見えることでも、
新潟県内屈指のスポットです。

いただいた山菜は、コゴミとウドを天ぷらにし、ワラビはアク抜きをして
おひたしにしました。ワラビはシャキシャキ感とヌメリ感がたまらないです^^

今年は、ウドの葉っぱを刻んで 初めてウド味噌も作りました。
ちょっと甘めの味噌の中に 季節の香りをとじこめましたよ。
b0131279_23365100.jpg

季節感のある暮らしっていいなぁ。
故郷は里山に囲まれていたので、生活の中に季節感がいっぱいありました。
いつかまた里山で暮らすのが夢です(^_^)
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-05-08 23:57 | その他
<< 鮭の味噌漬け弁当 ホタテのフライ弁当と再会 >>