湯たんぽと湯たんぽカバー

今年の冬は本当に寒さが厳しいですね。
雪国育ちで寒さには強いつもりだったけど、年のせいかこの寒さはこたえます。
でも、電気毛布は苦手(-_-) 電気の熱って 何となく不自然で気持ちよくないのです。
湯たんぽが好きだけど、お湯をたくさん沸かすのは、毎日のこととなると面倒・・・。
小さい湯たんぽなら、と見つけたのがこれ。amazonで注文したら翌日届きました。
b0131279_2216646.jpg

容量600ml、しっかりしたつくりで耐熱温度は110度(フタは120度)
持ち手は熱くならず、立ててカバーをかぶせることもできます。
温度の持続時間は容量のわりに長く、朝までぬくもりが続きます^^

かわいいフリースのカバーが付いていますが、身体に密着させて寝たら
絶対に低温火傷をおこします。
湯たんぽを抱っこして寝たいnekomamaとしては、ぶ厚くて、しかも気持ちよい
カバーが欲しい・・・ということで次女の部屋へ行き、ベッドに散乱している
ぬいぐるみの一つを拉致してきました^^
b0131279_22472925.jpg

 はりねずみ?  手触りも ふわふわしてていい感じ^^

お腹の縫い目をほどいて綿を少し出し、袋に縫った布を埋めて縫いつけました。
湯たんぽを詰めるとこんな感じ。
b0131279_22524942.jpg

開いたところはスナップボタンを付けてとじました。

これを布団の中で抱きしめると ほわ~んと自然の温もりが伝わってきて
たまらない心地よさです^^


今日は学校へ行って赤本やってくるよ、という次女のお弁当です。
b0131279_23202848.jpg

☆四色そぼろ(鶏挽肉・桜そぼろ・スナップインゲン・卵)
☆ブロッコリーのゴマ和え
☆明太入りポテト
☆オクラのお浸し


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2012-02-10 23:32 | ソーイング
<< 憧れのバラ バラ畑作り >>