ちまき

私のふる里は雪国新潟。四方を山で囲まれた空気のきれいな土地で育ちました。
子どもの頃、山の笹が若葉を広げる時期になると、母が笹団子やちまきを
作ってくれたものです。
できたての温かいちまきは笹の香りが餅米に染み込んでいて、きな粉を付けなくても
おいしかったな・・・
もう随分前に、母は作らなくなったのですが、時々無性にあのちまきが食べたくなります。
作り方を聞かないまま嫁いだので、新潟で発行された郷土料理の本が頼りです。
b0131279_12265491.jpg

しばらく作らないとスゲの結び方を忘れるのですが、手が覚えていて何とか形になりました。
今回初めて冷凍の笹を使ったのですが、香りもそのまま保存されていて、とても美味しく
できました。
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2008-04-19 12:14 | その他
<< 大好きな花たち フキの季節 >>