色褪せないカーテン

カテゴリにソーイングの項目を入れてあるのですが、最近はズボンの裾上げくらい
しかせず、針仕事から遠ざかっています。大好きなユザワヤもずっと行ってないし。
そんな状態ですが、私のお気に入りの古いカーテン生地を紹介させてください。

11年前、当地に家を建てて、地方から引っ越すことになりました。
その際、毎日眺めるカーテンを、憧れのローラアシュレイにしたいと思いました。
当時カントリーが大ブームでした。
雑誌もたくさん出ていたので、そこに載っていた自由が丘の店から
カタログを取り寄せ、生地を注文しました。
この柄は、コーンフラワーストライプという名前で、一目で惚れ込みました。
ローラアシュレイのカーテンは、オーダーメイドだととても高価ですが、
生地を買って自分で作れば、オーダーの五分の一くらいの費用ですみます。
縫うのは直線ばかりで簡単なのですが、一枚の面積が広く、裏地も付けたりで
引っ越しの日が迫るなか、必死に縫いました。

木の香りのする新しい部屋で、窓にカーテンを取り付けた時の感動は忘れられません。
あれから11年経ちました。
カーテンは色が褪せ、汚れやシミも目に付くのですが、この柄はすでに廃番になっていて
もう手に入らないので、ぼろぼろになるまで使おうと思います。
b0131279_12254032.jpg

b0131279_15164867.jpg

[PR]
by nekomama_kisaragi | 2008-05-17 12:26 | ソーイング
<< イチゴの季節 メンチカツ弁当 >>