「おくりびと」 ・ かぼちゃのチーズケーキ

義父の旅立ちを見届けた翌日、夫と「おくりびと」を見に行きました。
人生最後の旅立ちをお手伝いする「納棺師」の世界を描いた話題の映画です。
非常に難しいテーマながら、緻密な構成とちりばめたユーモア、俳優さんたちの
好演が光り、とても質の良い作品だと思いました。

私も義父の納棺に立ち会いました。
正直、儀礼的でオーバーな演出は 今の時代にそぐわないのでは、とも思いましたが、
映画を見て考えが一変しました。
最後の旅立ちの儀式を 心を込めて格調高く行う ということは、送られる人の
人生や人格を敬う気持ちがあってのこと。 それは、残された人々の悲しみに寄り添う
尊い行為だと思うことができました。
「おくりびと」を見ながら何回も泣いてしまいました。
まだ見ていない方に、ぜひおすすめしたい映画です。

さて、冷蔵庫の野菜室でかぼちゃが傷みかけていたので、かぼちゃのチーズケーキを
作りました。20年くらい前に義母から聞いたレシピですが、かぼちゃの味がしっかり
出ていて、とっても美味しかったです。
b0131279_1412943.jpg

[PR]
by nekomama_kisaragi | 2008-09-28 14:17 | その他
<< 栗おこわ弁当 お別れと今日のお弁当 >>