<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

酢鶏弁当とミニビオトープ

一ヶ月前に作ったミニビオトープを、少し大きなサイズの鉢に変えてみました。
家の中の水槽でメダカが産卵し、どんどん増えてきた稚魚を放流したかったのです。

今度はリサイクルショップで素焼きの鉢を見つけてきました。
素焼きだと、鉢の表面から水分が蒸発するときの放熱作用で
夏でも水温が上がりにくいのだそうです。

まず鉢底の穴をふさぎ、砂利を敷きます。
ヒメスイレンなどの鉢を置き、静かに水を注ぎます。
b0131279_20443358.jpg

メダカやエビや貝を入れ、水草を浮かべてできあがり。
b0131279_20513586.jpg

汗だくになりましたが、とても楽しい作業でした。
メダカの稚魚はまだ糸のように細いので、もう少し成長したら入れる予定です。


今日のお弁当です。夏休みも二女は毎日部活です。
b0131279_214690.jpg

☆くらげときゅうりの和え物
☆卵入りほうれん草のおひたし
☆酢鶏
☆ブロッコリーとトマト
   ご飯とほぐした焼き鮭


<おまけ>
今日のうりのつぶやき
b0131279_21404782.jpg


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-27 21:11 | お弁当

ドールハウス

「借りぐらしのアリエッティ」にはステキなドールハウスが登場します。
長女の持っている古い人形雑誌に、それによく似たドールハウスが載っていました。
1850年のドイツ製で、実生活の家具調度を作る職人が制作したそうです。
b0131279_21552475.jpg

b0131279_2157518.jpg

b0131279_2211254.jpg

映画のシーンと細部は違うけど、雰囲気はそっくり。
ストーブに火を入れると本当に調理できるという設定も同じです。
私もこんな台所がほしい(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ポチッとお願いします^^
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-26 23:18

コロッケ弁当と借りぐらし

先週の土曜日に、ジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました。
公開初日にパパと二女と私の三人で見に行き、翌日には長男・長女も
それぞれ友達と見に行くあたり、さすがジブリファンの我が家です(笑)

このアニメは、人間に知られないようにひっそり家族と暮らしている
小人のアリエッティと、病弱な少年とのふれ合いの物語です。

ジブリの映像は、風景や室内の描写が素晴らしいですね。
やわらかな色彩で本当に美しい。
アリエッティもなかなか魅力的な少女です。

でも、話の展開が今ひとつ起伏に乏しいというか、
ジムシィみたいな子が唐突に出てくるし・・・
お手伝いさんに知られてしまう必要はあるのか・・・とか、
お母さんがじたばたしすぎでなんだかなぁ・・・とか、
あちこち細部が気になって、話にどっぷり浸ることができず・・・
少々眠くなりました(ハウルの時も眠かった)

長女はふつうに面白かったそうです。
そして おはぎにアリエッティのコスプレをさせて遊んでました。
b0131279_15334874.jpg

って頭に洗濯バサミつけただけじゃん。
そう、ポスターの中のアリエッティが頭につけているのは、人間用の
洗濯バサミなんです。

「借りぐらし」といえば・・・、うちにもいるいる!
私の文具類(ホチキスとかハサミとか)がなくなると、間違いなく二女の部屋にあります。
こっそり借りてって返さないの。

あ、でもアリエッティの家族は人間に知られないように上手に借りてます^^


今日のお弁当です。
新じゃがをたくさん頂いたのでコロッケにしました。
新じゃがは水分が多いせいか、いつもより水っぽい クリーミィな
コロッケになりました^^
b0131279_15502653.jpg

☆きゅうりの梅肉和え
☆ポテトコロッケ
☆アスパラの胡麻和え
☆ミニトマト
☆シュウマイ(生協品)
   おにぎり(具は筋子と梅干)

メークィーンを見ると小惑星のイトカワに見える・・・
b0131279_1601060.jpg



にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-22 15:58 | お弁当

ちまき

7月始めに 新潟で独り暮らしをしている二男が帰省しました。
二女が期末試験を目前にして「化学がわからない~(泣)」というので、
(今頃かいっ!怒) 教えてもらうため急きょ呼び寄せたのです。
・・・というのは口実。本当は、5月病で落ち込んでいた二男のその後を
それとなく知りたかったのです。

新幹線の着く時間に駅の中で待ち合わせ。
人ごみの中で顔を合わせたとたん、
「こっちは空気が汚い。息苦しい。」とえらく不機嫌な二男。
そうか~、そろそろ新潟の澄んだ空気に馴染んできたんだねー(ふっ)

「何か食べたいものある?」って聞いたら
「普段のものが食べたい」って。
「あんまり飲めないけど」と言いながら、一杯だけビールに
付き合ってくれてありがとう。
君が大学に合格するまで密かにビール断ちしてたから、
一緒に飲める日がきたことに感無量だよ。 

「そろっと帰らなきゃ」
「そろっと」は、そろそろという意味の新潟弁。
そんな方言も使うようになったんだね。
まだ顔が青白いけど、体調も少しは落ち着いたようだね。
いろいろあるだろうけど、気が向いたらいつでも帰っておいでよ。

二男の帰る朝、急いで作ったちまきを持たせました。
とっておきの和三盆を入れたきな粉をつけて食べたら美味しかった~。
b0131279_1013211.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ポチッとお願いします^^
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-16 10:25 | お弁当

MY箸と箸袋

離島に住む友人が、山で採った木の枝を送ってくれました。
添えられた手紙には、
「これはクロモジという木です。削って箸にでもして下さい」
と書いてありました。
b0131279_2339356.jpg

クロモジという樹木の名を初めて聞いたので、ネットで調べてみました。

 クロモジ・・・クスノキ科の落葉低木。樹皮に独特の芳香がある。
         枝は高級楊枝の材料となる。

そういえば和菓子に添えられた黒っぽい楊枝を見たことがあります。
あれがクロモジだそうです。
この2本の枝は、そのまま箸にしても野趣があっていいなぁ、と思ったのですが
ちょっと先を削って表面をやすりで磨き、使いやすくしてみました。
b0131279_032695.jpg
 
手にしっとりとなじみ、ほんのりいい香りがします。世界でたった一つのMY箸です。

MY箸ができたら、今度は持ち運び用の箸袋がほしくなりました。
これもぜひ手作りしたい。

ネットで作り方を検索したら、ほんとうにたくさんあったのですが、
モカジャム*Hand Made」のkana*さんの箸袋が気に入りました。
2009年3月11日付けの記事に作り方が載っています。

kana*さんは 他にもいろいろステキな小物を作っておられて、
その爽やかなセンスと丁寧な作品作りにすっかり魅せられてしまいました。

作った箸袋はこれです。
b0131279_0464581.jpg

b0131279_0305727.jpg

二つ作って クロモジの枝を送ってくれた友人にもプレゼントしました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ポチッとお願いします^^
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-14 00:53 | ソーイング

お稲荷弁当とバラの二番花

冬に植え場所を移したイングリッシュローズ「アブラハム ダービー」が
とても元気で、二番花が盛りです。
b0131279_1720135.jpg

気温の高い時期に咲くので、春や秋の花に比べ色が薄く、サイズも小さく、
香りも少なめです。

20年以上バラを育てていますが、二番花がこんなにきれいに
咲きそろったのは、実は初めてです。
植え替えが良かったのかな。
新しい土の中で、根っこをのびのびと伸ばしているんだと思います。
b0131279_17205725.jpg


久しぶりに登場。我が家の愛兎おはぎです。
うさぎってお座りしていると、前足がちょこんとくっついてて
まるで三つ指をついているみたいで可愛いのです。
b0131279_17304022.jpg

↑ ワラ製うさぎハウス。これは二代目。
買うとすぐにおはぎがかじってリフォームします^^


今日のお弁当です。
b0131279_17314098.jpg

☆小ネギ入り出し巻き卵
☆ぎんなんがんもと野菜の煮物
☆オクラのお浸し
☆ブロッコリー・ミニトマト
☆三五八漬けきゅうり
    稲荷寿司


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ ポチッとお願いします^^
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-09 17:37 | お弁当

はやぶさDVD

惑星探査機はやぶさを描いたCG映画「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-」
を購入しました。
b0131279_14211494.jpg

はやぶさと一緒に美しい宇宙空間を旅しているような気分になれる43分間です。
ナレーターは、はやぶさに、意志を持ったひとりの人格として語りかけています。
傷だらけのはやぶさが、ようやく地球へ帰る軌道に乗るとき、

「さあ帰ろう、懐かしい地球に・・・
人が、自然が、すべてのものが君の帰りを待っている」

この台詞に込められた万感の思いに涙が出ます。
はやぶさが、切り離した小さなカプセルに使命を託し、
細かい光の粒となって燃え尽きる最期のシーンも感動的です。

はやぶさは、世界でも最先端の技術を集めたプロジェクトです。
それを紹介するDVDで、こんな細やかで情緒的な(でも感傷に流されることのない)
作品を作るなんて、日本人の感性って素晴らしいです。

映画のショートバージョン(2分21秒)はこちら。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ポチッとお願いします^^
[PR]
by nekomama_kisaragi | 2010-07-09 15:29 | その他